JAならけんのご紹介

ご挨拶

 組合員の皆様方におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。この度の役員改選に置きまして、引き続き経営管理委員会会長に選任され、就任をさせていただくこととなりました中出篤伸でございます。平素は、JAならけんの各事業におきまして、格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。

 さて、我が国の経済は大企業の業績等の良好な推移により景気拡大中と思われる一方で、中小企業や消費者にはなかなかその実感が得られない状況となっており、金融情勢についても日銀の金融緩和政策による超低金利環境の中で、金融機関は利鞘確保が非常に厳しい状況が続いております。農業情勢におきましては、改正農協法施行や一連の農協改革、農業競争力強化支援法の施行に加えて、米政策の転換、TPP11や日EU・EPAの批准に向けた動向など、農業の大転換期を迎えております。また、JAグループとしても「農業・農村の危機」「組織・事業・経営の危機」「協同組合の危機」という「3つの危機」に直面し、その存在意義を大きく問われています。我々はこの危機を克服し、将来にわたって農業と地域社会に根ざした組織としての役割を果たしていかなければなりません。

 今年度は農協改革集中推進期間の最終年度であり、第27回JA全国大会決議実践の最終年でもありますが、改革が進行している中で、農業・農協が将来どうなるのかという分水嶺にいると感じています。JAならけんとしましては、創造的自己改革の3つの基本目標である「農業者の所得増大」「農業生産の拡大」「地域の活性化」の実現に向けて、組合員の皆様との対話に基づく一層の取り組み強化を図り、自己改革を着実に実践していく所存です。また、自己改革の進捗や成果を広く発信して、組合員・地域住民の理解と評価を得る取り組みを強化して参ります。

 農業・農協を取り巻く環境は厳しい状況に直面しておりますが、協同組合の持つ役割を再認識したうえで、守るべきところは守りつつ、改革が必要な部分については危機感を持って実践しながら、組合員の皆様にとって「なくてはならないJA」となるよう役職員が一丸となって取り組んでいく所存です。今後もより一層のご指導・ご鞭撻をお願い申し上げますとともに、日頃の感謝を申し上げ、就任の挨拶とさせていただきます。

平成30年6月23日



 この度の役員改選で代表理事理事長に選任いただきました田中稔之でございます。この重責に身の引き締まる思いでありますが、奈良県農業及び奈良県農協の発展の為に、精一杯職務に精励して参りますので、皆様宜しくお願い申し上げます。

 さて、政府は競争力のある農業、魅力ある農業を創り、農業の成長産業化を図るとして、農業・農協改革を進めております。我々JAグループとしても、農業所得の増大や持続的な農業経営の確立は明白な課題であり、現在、JAならけんでは第6次中期経営計画に基づき、「奈良県農業の持続的発展」「地域の活性化とJA総合事業の拡充」「協同組合としての役割と経営基盤の拡充」を基本方針に、自己改革に取り組んでおります。今年度は、中期経営計画3カ年の最終年度として、改革の3本柱である「担い手サポート室」を中心とした農業者支援と農業振興、「地域ふれあいサポーター」による高齢者への戸別訪問活動、「女性大学」による地域活性化とJAへの理解を深める活動の更なる充実・強化に取り組んで参ります。

 営農経済事業では、平成29年度より創設した「農業・地域活性化積立金」を活用し、農家組合員の規模拡大や新規参入を支援していくとともに、出向く推進体制を拡充し、低コスト資材や省力化資材の提案による生産コストの低減、農作業支援の拡充による農業生産の維持・拡大や遊休農地の発生防止に取り組んで参ります。

 また、7月13日には「まほろばキッチンJR奈良駅前店」を新たにオープンする運びとなりました。駅前の立地を活かして奈良県内外に広く奈良県産農畜産物をPRし、販売を強化する事で農家所得の更なる増大に努めて参ります。さらに、今年で6年目を迎える「まほろばキッチン橿原店」と共に、消費者に対する農畜産物の情報提供と食育活動を進めながら、安全・安心で新鮮な農畜産物を提供する拠点として地産地消の推進を図ります。

 課題はたくさんありますが、私たちJA役職員は組合員の皆様の意見を十分取り入れながら、組合員の皆様と一緒になって地域に根ざした改革をおこなっていきたいと考えています。そのために、今年度は小規模単位の支店座談会等を開催し、ご意見・ご指導をいただきながら、JA運営の充実に取り組んでいきたいと考えています。組合員をはじめ関係各位皆様方の一層のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げまして、就任の挨拶とさせていただきます。

平成30年6月23日

概要

名称 奈良県農業協同組合
設立 平成11年4月1日
奈良県下42JAが合併して発足しました。県全域単一合併は全国で初めてです。また、平成11年10月1日には、奈良県信用農業協同組合連合会および奈良県経済農業協同組合連合会を包括承継しました。
代表者 経営管理委員会会長 中出篤伸
代表理事理事長 田中稔之
出資金 9,389百万円(H30.3.31現在)
事業年度
(決算)
年1回3月
おこなう
事業
農協法に定められた事業をおこなう総合JAです。
最高議決
機関
総代会制を採用しています。総代の定数は、1,000名です。
役員 業務執行体制の強化を図るため、役員体制を組織代表として選出された役員「経営管理委員」と業務執行に専念する役員「理事」に機能分担する「経営管理委員会制度」を全国に先駆けて採用しました。
組合員数 102,528名(H30.3.31現在)
うち正組合員 46,756名
准組合員 55,772名
職員数 1,679名(H30.4.1現在)
うち男性 1,058名
女性 604名
地区 奈良県一円の区域・奈良県全県がJAならけんの管内です。
事務所 本店1、支店96、出張所5、営農経済センター19

JAならけん本店
JAならけん本店

奈良県農業協同組合組織機構図

組織機構図

2019年度 組織機構図 (PDF)

組合長、役員のご紹介

経営管理委員

[会長] 中出 篤伸
[副会長] 中津 博行
[委員] 塚本 喜光 松井 義憲 巳波 元二 木村 勤
田合 完 福田 照美 壷井 和子 松村 和親
新宅 一也 岡本 祥明 速水 善幸 辻本 貴子

理事

[代表理事理事長] 田中 稔之
[代表理事専務理事] 谷口 敏彦
[専務理事] 村本 佳宜
[常務理事] 北村 仁 三浦 満彦 髙岡 正輔
紀本 澄男 北村 章人 東 利治
[理事] 黒田 幸夫 南田 裕次郎 多田 成弘 巽 務

監事

[代表監事] 安川 佳延      
[常勤監事] 高橋 忍 西川 清    
[員外監事] 疋田 実      

新しいマークのご紹介

未来に種をまこうJAならけん発足10周年を記念して誕生したマークです。

奈良のシンボルでもある「大仏」が雲に乗って奈良の大地に「幸せの種」をまいて いるとてもユニークなマークです。

それはJAならけんの活動として、「未来にたくさんの実をつける種」、「未来の豊作を約束する種」 をみんなでまいていこう!という呼びかけのマークでもあります。

青壮年部・女性部の紹介

JAならけん青壮年部

JAならけん青壮年部は、奈良県内に居住する青壮年で県下に6支部あり生産品目をこえた交流、親睦、研修会等を行っています。

学童農園、学校給食への食材の提供、イベントへの参加を通じて地元農産物の消費を呼びかけています。
また、農業者の生活向上を目指し農政運動に参加しています。

JAならけん女性部

JA女性部は、JAをよりどころに集まった女性の組織です。
私たち自身が主役になって「食べ物」「農業」「くらし」などをテーマに、楽しく・意義のある活動をする舞台です。

「同じ目的を持った仲間が、その目的にむかってお互いに役割を分担しあいながら、継続的に集まっている。」協同の場・学習の場・仲間づくりの場です。

ディスクロージャー

平成30年度

平成29年度

平成28年度

平成27年度

平成26年度

平成25年度

平成24年度

平成23年度

平成22年度

平成21年度

  • 採用情報
  • 広報誌「まほろば」 クイズのご応募はこちらから
  • セレモニーホール橿原 - 橿原市・御所市・葛城市・大和高田市・高取町・明日香村のお葬式・葬儀場はこちら
  • セレモニーホール吉野 - 大淀町・下市町・吉野町・川上村・黒滝村・天川村・東吉野村のお葬式・葬儀場はこちら
  • 水稲栽培こよみ
  • 多面的機能支払交付金制度書類作成ソフト
  • 営農メールマガジンはこちら
  • 営農相談窓口
  • まほろばキッチン
  • JAならけん
  • ファーマーズマーケットまほろば
  • バイキングレストランかぐやま
  • JAタウンのご紹介
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 法人JAネットバンク個人
  • 法人JAネットバンク
  • JAバンクネットローン