事業のご案内

JA営農

JA事業:最新情報

営農(えいのう)ってなあに?

「広辞苑」には、「農業を経営すること」と記されています。

農協の言う「営農」とは、「組合員の皆様が農業を通じて働きに見合った所得を得て、健全な農家経営・農村生活を行えること」を意味しています。 そして、営農指導とは農業全般にかかる技術・経営指導のことを考えています。

JAならけんでは、統一農協として県全体を活動地域とする特性を活かし、農業協同組合の基本である「営農指導」にこれまで以上力を入れ、 地元の皆様に密着した足腰の強い農業・農村の再構築をめざしています。

営農指導事業でなにをしているの?

以下の重点課題解決に向けて、営農(販売)指導専任担当者を中心に、地に足をついた活動を進めています。

営農指導体制の充実、強化

営農指導専任担当者の育成

JA営農インストラクターが現地実践指導を中心に研修を行い、営農指導専任担当者の育成・資質の向上を図ります。

1.営農基礎研修

(JA職員として必要な基礎技術研修)

  • 対象: JA全職員
  • 内容: 基礎的な営農知識・技術習得

 

2.営農リーダー研修

(栽培・実践技術等の研修及び作物別課題解決研修)

  • 対象: 営農指導専任担当者(営農指導リーダー)
  • 内容: 営農振興計画の現地実践にかかわる技術課題・地域課題解決技術と普及方法の習得及び作物に関する基礎的な技術・実践技術の習得
3.営農インストラクター研修

(栽培技術・農政・人材育成等現場課題解決研修)

  • 対象: 営農指導専任担当者(営農インストラクター)
  • 内容: 営農指導体制の強化を図るため、営農指導専任担当者の育成・資質向上と営農基礎研修・営農リーダー研修の講師活動を目的とした人材育成

JAならけん営農振興計画の実践

作物名 目標 方針
水稲 市場評価の高い品種へ誘導を図りながら計画的生産に取組む。
集荷率の向上により、取扱量の増加を図る。
生産者への栽培技術の徹底指導、品質の高位平準化及び収量の向上を図る。
小麦 「食料・農業・農村基本料」を踏まえた自給率向上に向けて、水田を有効活用し、生産拡大を図る。 県内実需者が希望する品質、数量を目標に、生産振興を図る。
イチゴ 都市近郊の有利性を活かし、平坦部14市町村の県指定産地を中心にブランドを確立する。 新技術の導入や栽培技術の高位平準化を積極的に進め、低コスト・省力化、高品質、収量増加などを総合的に推進する。
ホウレンソウ 都市近郊の有利性を活かし、15市町村の指定産地を中心に作付けの集団化と、周年栽培を推進する。
大和高原産の夏ホウレンソウの市場におけるブランド化を目指す。
作型、品種の統一を図り、品質の高位平準化を目指す。
ハウス柿から冷蔵柿までの長期出荷体制の確立と、生産技術の向上を、五條・吉野地域を中心に進め、産地のブランド化を図る。 作業環境の整備と機械化作業体系の普及による省力化、雇用労力の活用や作業の受委託体制を確立し、作付けの拡大に努める。
新品種の計画的な導入と樹齢更新による生産の安定化を図る。
大和高原地域などの恵まれた自然条件を活かし、中山間茶業の特色を発揮した安全・安心・高品質な煎茶、かぶせ茶の生産と、産地の育成強化、及び広域流通センターを中核とした共販体制により大和茶ブランドの確立に努める。 生産基盤の整備により、良質な茶生産と機械化茶業を推進する。
広域農業情報管理施設を活用し、土壌や荒茶(生葉)の分析結果に基づき適正施肥の指導や経営安定の指導を行う。
荒茶生産体制の充実と製茶技術の向上により、安定した茶生産と加工施設の効率的な運営指導を行う。
恵まれた自然条件を活かして、葛城、生駒山麓及び吉野川周辺を中心に、栽培技術の高位平準化と、集出荷体制の確立を図る。 作期拡大、労力の分散を目的とした施設の導入を図る。
酪農 「酪農及び肉用牛の振興に関する法律」に基づく近代化計画樹立市町村(3市1町2村)を中心として、生産振興と流通を含めた合理化を総合的に推進する。 酪農経営指導に努め、生乳検査所を核として乳質改善指導体制を強化し、高品質生乳生産技術の向上とともに、生乳生産の拡大を図る。

奈良県農産物生産・流通部会の強化充実

県全体からみた生産・流通・販売までの一貫した戦略を組み立てるよう奈良県の主要農産物 (イチゴ・ナス・トマト・蔬菜・果樹・花卉・茶)について部会を設立し、産地育成・農業振興に取り組んでいます。

組織のイメージ図

組織のイメージ図

土壌診断

JAならけんでは、組合員皆様の圃場の土壌診断を行い、土壌への養分の蓄積量を測定して分析結果を踏まえた施肥設計(極力無駄を省いた適正な施肥量)をアドバイスいたします。

土の取り方と注意点

土の表面を軽く(1cm程度)取除き、その下の15cm程度の作土を、下図のように1つの圃場で四隅と中心の5ヶ所から土を採取し、混ぜ合わせます。(四隅は端により過ぎないようにします。)

調整

採取した土は、新聞紙などに広げて雨風、直射日光の当たらない屋内で自然に乾かします。

『乾燥機、ドライヤーを使用して乾燥させない。』肥料庫の片隅に置いて乾燥すると、こぼれた肥料が風で混入することがあるので注意します。

固まりは砕き、石やゴミ・粗大有機物があれば取除き、土壌を専用の袋に入れ(500g程度)、必要事項を書き込み、最寄りの経済センターへお持ち下さい。
※土壌を入れる専用の袋は、各経済センターに置いています。

主な土壌診断結果

夏秋ナス
分析項目 基準値 測定値 蓄積の多少
pH 6.0~6.5 6.34 適正
EC   0.08  
石灰 200~250 265 適正
苦土 30~50 66.1 やや多い
加里 25~35 36.5 やや多い
有効態リン酸 30~50 53 やや多い

所見及び診断

肥料成分の蓄積は、ほぼ適正です。
10a当たりなす有機ひかり340kgを元肥として施用しましょう。

ハウス柿
分析項目 基準値 測定値 蓄積の多少
pH 5.5~6.5 6.65 やや高い
EC   0.17  
石灰 170~250 214 適正
苦土 30~40 29.2 適正
加里 10~20 35.2 やや多い
有効態リン酸 10~20 121 多い
CEC 15以上 22.5

所見及び診断

リン酸は多く蓄積していますが、他の肥料成分はほぼ適正です。
10a当たり新柿豊100kgを施用しましょう。

  • 採用情報
  • 広報誌「まほろば」 クイズのご応募はこちらから
  • セレモニーホール橿原 - 橿原市・御所市・葛城市・大和高田市・高取町・明日香村のお葬式・葬儀場はこちら
  • セレモニーホール吉野 - 大淀町・下市町・吉野町・川上村・黒滝村・天川村・東吉野村のお葬式・葬儀場はこちら
  • 水稲栽培こよみ
  • 多面的機能支払交付金制度書類作成ソフト
  • 営農メールマガジンはこちら
  • 営農相談窓口
  • まほろばキッチン
  • JAならけん
  • ファーマーズマーケットまほろば
  • バイキングレストランかぐやま
  • JAタウンのご紹介
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 法人JAネットバンク個人
  • 法人JAネットバンク
  • JAバンクネットローン